福岡県飯塚市にあるエジソン熱処理株式会社は金属熱処理、真空熱処理炉等を行なっています。

福岡県飯塚市にあるエジソン熱処理株式会社は金属熱処理、真空熱処理炉等を行なっています。

エジソン熱処理株式会社・当社の魅力

当社の魅力について

HOME > 当社の魅力 > 当社の魅力について
金属熱処理についての情報収集にエジソン熱処理株式会社をお加えください。
  • 独自の特殊技術による金型、各種金属部品の熱処理加工

    当社は、真空熱処理と自社開発のEH-process 特殊窒化技術により、
    金型や治工具、各種機械部品等の熱処理加工を受託いたしております。

  • 理想の新窒化技術「EH-process(エジソンハード処理)」

    エジソンハード処理

    技術革新に伴い、時代は“より小さく強い部品”を要求しています。
    そこでこのニーズに応えるための技術としてCVD、PVD、TD-processといった表面処理法が用いられています。

    しかしこれらの技術は、素晴らしい表面硬さを保有するという特長の陰で、超硬質部の厚みが数μmしか被膜できないという、技術上の難しい壁に直面しています。
    また、母材である鋼との密着性の問題も解消されていません。
    特に高負荷圧下での摩擦を受ける金型・工具や高温酸化雰囲気では、よりその問題がクローズアップされてきます。

  • 金型部品に最適な技術

    エジソンハード処理

    こうした状況の中で、窒化のつきまわり性の向上と低温処理による歪み率の低減を追求し、リヒト精光独自の方法で完成させた理想の新窒化技術、それがEH-process(エジソンハード処理)です。

    EH-processは、硬さでみると、数十μm~数百μmの処理深さを実現。しかも、被履型の表面硬化法ではなく、いわゆる浸透型の表面硬化法であり、耐摩耗性や耐疲労強度性の向上が求められるあらゆる金型部品に、最適な技術と言えます。

  • 研究開発事業からの新技術

    研究開発事業新技術

    九州大学との共同研究「高張力鋼板用金型の長寿命化技術」についての記事が
    「型技術 vol.22」に掲載されました。
    エジソンハードにおける新技術です。
    詳しくは下記概要をご覧ください。

高張力鋼板用金型の長寿命化技術(産学連携研究開発)

高張力鋼板用金型の長寿命化技術(産学連携研究開発)

※画像クリックで拡大します。

  • 熱処理に関するコンサルティング

    熱処理に関するコンサルティング

    要求品質に対する最適処理の開発や検証のため必要なEPMA分析装置、光学電子顕微鏡、三次元測定器、 また検鏡のための試料製作機器等を設置し品質を管理しております。